記者会見パネルならではの工夫

カテゴリ

最新情報

2017年12月14日
全てはPRのために!を更新。
2017年12月14日
記者会見パネルならではの工夫を更新。
2017年12月14日
用途はさまざま記者会見パネルを更新。
2017年12月12日
バカに出来ないPR効果のある記者会見パネルを更新。

カレンダー

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記者会見パネルが市松模様な理由とは?

有名人などが記者会見をする際に、背景にパネルがあることがありますよね。これは記者会見パネルと呼ばれるものなのですが、大抵市松模様(小さな色の違う正方形が多数並んでいる形)ですよね。なぜ記者会見パネルは市松模様が多いのでしょうか?
基本的にイベントなどのブースでインタビューをしている際に、背景にある記者会見パネルは大抵が市松模様です。別に市松模様でなくてはならないという決まりがあるわけではありませんが、非常に多いですよね。その理由として、市松模様が記者会見に最も適した方法だからなのです。そもそも市松模様はかなり派手で、インパクトがあります。背景が単色では味気が無くなりますし、そもそも自社のアピールになりませんよね。かといってデカデカと広告や自社名を入れても、記者会見では会見をしている方をアップに撮影するため見切れたり、そもそも全く映らないということもあり得ます。
しかし市松模様で自社名や広告を入れれば、どこを映されてもどこかしらには自社の名前やロゴといったものが映るため、記者会見パネルのほとんどが市松模様を採用しているのです。無論配色なども考慮し、主役となる人を引き立たせるだけでなく、背景にも目が行くよう計算されています。そのため、記者会見パネルの制作を考えている方は変なこだわりは捨て、市松模様を使う方が得策と言えるかもしれませんね。

最近よく見かける記者会見パネルの優れた機能とは?

最近はテレビ等でインタビューや記者会見の時に背景を演出する記者会見パネルをよく見かけるようになりました。あれは決して特定の業者だけが使えるというものではなく、一般の私たちでも専門業者に依頼すればそれほど高額ではなく手に入れることが可能です。では専門業者で依頼する場合の記者会見パネルにはどのような機能があるのでしょうか?

まず見た目とは大きく異なり軽くて持ち運びが非常に楽です。本体は多くの場合アルミフレーム製となっており、収納が折りたたみ式で簡単です。商品によっては専用キャリーバッグも付いており移動にも適しております。

次は設置が簡単という点です。蛇腹式の本体をキャリーバッグから取り広げますとフックが付いておりますので本体を固定できます。バックパネルの本体には一般的なものの場合はマジックテープが付いており、印刷メディアの取り付けを何度も繰り返し行うことができます。初めて使う場合でも数分もあれば設置と撤去が可能ですので大変人気なのも頷けるところです。

さらに屋内用のものであれば多くのタイプは自立可能となっており、どこでも様々な場面で使用することができます。何と言っても記者会見パネルは視覚効果が抜群で、一気にその場のパブリック感も増すでしょう。ぜひ一度専門業者に見積り依頼をしてみてはいかがでしょうか?

Copyright(C)2017 テレビなどで映る記者会見パネルは意外と優れものアイテム All Rights Reserved.