全てはPRのために!

カテゴリ

最新情報

2017年12月14日
全てはPRのために!を更新。
2017年12月14日
記者会見パネルならではの工夫を更新。
2017年12月14日
用途はさまざま記者会見パネルを更新。
2017年12月12日
バカに出来ないPR効果のある記者会見パネルを更新。

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

記者会見パネルを利用した際のメリットとは?

記者会見やインタビュー、イベント会場での展示や商品説明会などでは、記者会見パネルをよく見かけます。この記者会見パネルは、持ち運びすることができる骨組みとロゴ等が印刷されている布地からできています。さらに、キャスターが付いている収納バッグを使えば持ち運びが更に便利になります。記者会見パネルはスクリーンを面ファスナーで留めているだけの簡単な作りになっているので、簡単に設置や撤去することができます。記者会見パネルの組立方法は、布の裏面にファスナーなどが付いているので、それを骨組みに張り付けるだけと簡単で工具などの道具が必要ないので1人でも組み立てることができます。
組み立てた記者会見パネルを、展示場に設置したら展示するブースを一段とイメージアップしてくれて見栄えが良くなりますので、来場したお客様などに大きなインパクトを残すことができます。布地の印刷面はスペースが十分にあるので、例えば企業のロゴやキャッチコピー、イメージキャラクターなどを印刷したら自社の宣伝に大いに役立ちます。そのうえ、この布地はイベントごとに交換して何回も利用できるため、経費削減できるほか、資源のリサイクルやエコにも繋がります。

記者会見パネルの背景模様の意味とサイズについて

イベント会場やインタビューシーンで活躍している記者会見パネル。背景模様の多くが市松模様を採用しておりますが、あれには意味があります。理由は幾つかありますが、その1つは写真のインパクトを残すためです。背景のないパネルの前で写真を撮影した時に、その写真がいつどんなシーンで撮影されたのかがわからなくなってしまいます。そこで、市松模様の中に必要な情報を取り込むことでどんな写真であるかをアピールできるのです。

2つ目はその市松模様の中身について。効果的なPRに記者会見パネルを利用する方々が増えています。市松模様ではないパネルですと、人物をアップにして写真撮影した時に全てが写りこまず、大切な情報が入りません。しかし模様の中に企業名やイベント名等を入れ込むことで効率的にPRが出来るのです。

では模様のサイズは決まっているのでしょうか?これが決まっておりません。用途によってサイズを決めているのが現状で、例えばスポンサー名など数が多い場合にはサイズ1コマは小さくなりますし、企業の記者会見等であれば大きめのコマとするのが主流です。

作り方としては全体のサイズを決めた後に入れたいマスの数を決めると1コマあたりのサイズが大体決まってきます。イベント、会議、企業の受付など用途も多彩な記者会見パネル。製作してくれる専門業者も多くありますのでお気軽に相談してみてください。

Copyright(C)2017 テレビなどで映る記者会見パネルは意外と優れものアイテム All Rights Reserved.