ウィークリーマンション 蒔田

なぜ蒔田でウィークリーマンションなのか

近年、よく目にするようになったウィークリーマンションやマンスリーマンションという言葉ですが、ホテルなのか賃貸住宅なのかどこが違うのか比べてみましょう。まず前提として日本マンスリーマンション協会があり、ウィークリーマンションなどは賃貸業とホテル業の中間にあり市場にて居住用スペースを提供するものとなっています。言葉の通り、利用する期間が週単位であったり、月単位であったりすることでウィークリーやマンスリーと呼ばれています。ウィークリーマンションは短期間の居住が前提になっているマンションやアパートのことを言います。神奈川県の蒔田駅の近くにもセキュリティを強化したものや、おしゃれな内装のものまで幅広く展開されています。短期間だけとはいえ快適に生活できる部屋を探したいものです。

ホテルや賃貸との違いを知ろう!

蒔田のウィークリーマンションが増えている理由はなぜでしょう。ホテルや一般的な賃貸物件とは何が違うのか調べていきましょう。ウィークリーマンションの特徴は、家具や家電がすべてそろっていてすぐにでも生活できる状態にあること、契約の時に敷金礼金がかからないことなど大きな特徴があります。ホテルに宿泊して嬉しいことは、部屋の掃除をしてくれることです。ただし、長期にわたって宿泊する場合は自炊できない事や時間の制約がデメリットに感じます。その点、ウィークリーだと一人暮らし感覚で縛られるものがなく、自炊や洗濯など好きな時にできることなどが人気の高まっている要因でしょう。一般的な賃貸物件は敷金礼金が必要になったり、契約期間は2年間だったり短期的には借りることはできません。しかも、部屋のみで家具や家電はついてきません。

ウィークリーマンションはどんな人が使うとお得?

ウィークリーマンションは立地の良い所に多く、蒔田の駅付近にもたくさんのウィークリーマンションがあります。それも、仕事などで長期滞在をする場合などホテルを利用するよりも安くできるというメリットがあるからです。駅近くにあるので移動も苦にはなりません。滞在期間が決まっているので余計な出費がでることもありません。急な転勤などで賃貸マンションを探す時の仮住まいとして利用される方も多いです。賃貸を探して契約するのにも時間がかかります。自宅が遠い場合には電車などの往復の交通費を考え、時間を無駄にしない為にウィークリーマンションを利用するのが一番安く効率が良いでしょう。近年のウィークリーマンションは借り手が短期間ということもありセキュリティ上、暗証番号を決めた電子ロックを採用している所が多く、前の入居者が入ることはできません。オートロックになっているので閉め忘れもなくて安心です。