意外とリーズナブルな記者会見パネル

カテゴリ

最新情報

2017年12月14日
全てはPRのために!を更新。
2017年12月14日
記者会見パネルならではの工夫を更新。
2017年12月14日
用途はさまざま記者会見パネルを更新。
2017年12月12日
バカに出来ないPR効果のある記者会見パネルを更新。

カレンダー

2018年6月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

TVでよく見かけるあのパネル

テレビでよく見かける記者会見をしている人の後ろにおいてあるパネルはとても大きいように見えますが、実はそれほど大きくありません。記者会見会場全体の背景があのパネルなのかと思いがちですが、実は人の後ろにしか置かれていないのです。もちろん記者会見パネルの大きいものは果て無く大きいのですが、1人用の小さいものだとポスターより少し大きいくらいのサイズのものもあります。その小ささでも見た目がぐっと公式な感じを受けるのであれば、どんどん活用していきたいですよね。
記者会見パネルはふにゃふにゃでは話にならないので、自立するパネルを準備しなくてはいけません。ポスターサイズの大きい紙を印刷できる設備があれば、印刷した紙をのり付きパネルに貼り付けて記者会見パネルを自作することも不可能ではないのですが、印刷や貼り付けに失敗してしまうことが多々あります。めったに使わない大判印刷で設定を間違えてしまったり、貼り付けの途中で空気が入ってしまってしわになってしまったり…ミスをするポイントはたくさんあります。特に1枚あればしばらく使い続けることのできる記者会見パネルのために、何枚も練習するのはコストパフォーマンスに優れません。
実は、パネルを作成するときは印刷業者やパネル屋さんに委託してもお値段がほぼ変わらないのです。失敗するリスクもなく、確実にきれいなものが手に入る安心感を考えるとむしろ安いくらいです。

記者会見パネルの制作依頼や価格相場は?

記者会見パネルは、企業ロゴを入れたり宣伝したい内容を印刷するなど、利用するメリットが複数あり、最近は色々なシーンで使用されています。記者会見パネルの制作を依頼する場合は、制作会社へ足を運ばなくてもweb上のサイトから依頼ができ、手軽な上に格安な価格で利用できます。
記者会見パネルには木製やパネル、布製などがありそれぞれ用途や特徴が違うので、制作を依頼する前にどんなタイプにするか決めておくのも大切です。木製の記者会見パネルは、常設や内容変更頻度が少ない場合に向いていて、印刷した物を張り付けるタイプです。布製は色々な場所で使う時に向いていて、木製や布製に比べリーズナブルなのがパネルタイプです。パネルタイプは、スチレンパネルに印刷した物を張り付けるのが主流で、色々な面でバランスがとれているという魅力があります。
記者会見パネルの価格相場は、サイズや材質によって変わりますが、2,400mm×2,400mmの正方形で1万円から13,000円となっています。使用するシーンによっては、1枚のパネルを複数枚繋げて使う場合もあるため、大きな記者会見パネルになる程枚数分費用が上がります。web上には複数の制作会社があって格安な業者もあるので、複数のサイトを閲覧し情報収集をしてから業者を決めるのがおすすめです。

コンテンツ

全てはPRのために!

記者会見パネルを利用した際のメリットとは? 記者会見やインタビュー、イベント会場での展示や商品説明会などで…

more

記者会見パネルならではの工夫

記者会見パネルが市松模様な理由とは? 有名人などが記者会見をする際に、背景にパネルがあることがありますよね…

more

用途はさまざま記者会見パネル

バックパネルの需要が高まっている理由 記者会見パネルはテレビのニュースなどで頻繁に目にします。バックパネル…

more

バカに出来ないPR効果のある記者会見パネル

企業PRに欠かせない記者会見パネル 記者会見パネルに企業名やロゴが入っている物が多いですよね。カラフルなデ…

more

Copyright(C)2017 テレビなどで映る記者会見パネルは意外と優れものアイテム All Rights Reserved.